カーオーディオ&カーセキュリティ『clip』

Author Alarm「IGLA」|カーオーディオ&カーセキュリティ『Clip』

カーオーディオ&カーセキュリティ『clip』
Tel.0298-191-470
〒305-0868 茨城県つくば市台町3丁目14-5
〔営業時間〕10:00~18:00 〔定休日〕水曜・祝日

Author Alarm「IGLA」

IGLA(イグラ)は、Author Alarm(オーサーアラーム)が開発・製造する次世代のデジタルイモビライザーです。
Author Alarmは、盗難・車上狙いから車を守る為のカーセキュリティ最新デジタル機器の開発と製造を行っています。

IGLA ALARM(イグラアラーム)

Author Alarmより新商品の『IGLA ALARM(イグラアラーム)』の販売開始・商品入荷いたしました。

IGLAは次世代のデジタルイモビライザーです。

15年前あたりからメーカー採用が開始されたイモビライザーですが、
近年このメーカーのイモビライザーを解除や複製され盗難されてしまってるのが現状です。

社外のイモビライザーの取り付けには、
スターター線やイグニッション線やフューエル線と言ったエンジンを始動するために
必要な線を”切断”する事でエンジンがかからなくなります。

近年の車両は各コンピューターがデジタル通信(CAN-BUS)によりエンジンを始動したりと
あらゆる情報をコンピューターが管理している為、従来の”切断”作業が難しくなっています。

”切断”したことによるエラー情報を車両のコンピューターがキャッチしチェックランプ(異常お知らせ機能)を表示したり、
チェックランプ表示が無くてもコンピューターが記憶しメーカー診断機によりエラーの履歴が蓄積されてたりと
車両に悪影響を与えれいる可能性が出てきています。

そこでAUTHORが設計開発したIGLAは配線を”切断”することなくエンジン始動を制御可能にしました!!

車両のデジタル通信(CAN-BUS)と完璧に融合する事で、IGLAがエンジン始動やエンジンの停止をコントロール致します。

IGLAはエンジン始動後に認証を行います。
この認証が行われない、認証が間違っている場合シフトチェンジと同時にエンジンを停止し再始動出来なくします。
※車種により動作は異なります。

認証は車両のステアリングのボリュームボタンや、選曲ボタン、クルーズコントロールボタンなど
使い本人しか分からないボタンと回数で認証します。

また、専用のKey fob(キーフォブ)での認証とスマートフォンでの認証も可能です。

IGLAはデジタル通信を採用したことで製品のコンパクト化に成功し、
防水機能を備え犯人に発見されにくく、耐久性向上を実現しています。

PINコード入力、スマートフォンまたは、キーフォブで認証が可能です。

弊社のカーセキュリティ『Author Alarm「IGLA」』施工事例をご覧ください!

車種別セキュリティプラン

お問い合わせフォーム

必須車種車名
必須年式
必須型式
必須お名前
フリガナ
電話番号必須
メールアドレス必須
確認のためもう一度必須
郵便番号
ご住所必須
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
備考
送信確認必須
  

お問い合わせありがとうございました。
追って弊社より、ご連絡させていただきます。
内容によっては、ご返答に日数がかかる場合がありますので
お急ぎの時はお電話にてご連絡ください。